認定プログラム

認定プログラムインデックス


平成19年度認定

首都大学東京「ECO-TOPプログラム」
分類 都市環境学部
自然・文化ツーリズムコース
都市環境科学研究科
観光科学域
E
C
O
l
T
O
P

自然環境の保護・保全と
適正利用に関する導入科目

【必修】
自然ツーリズム概論I 自然ツーリズム概論I
自然環境の保護・保全と
適正利用に関するまとめ科目

【必修】
自然環境管理学 自然環境管理学
野外での安全管理や救急救
命に関する基礎的な実習

【必修】
安全管理・野外救急救命法 (1) 安全管理・野外救急救命法(1)



環境保護・保全と適正利用に関する科目

【☆印の科目は必修
その他の科目は選択】
☆自然ツーリズム概論Ⅱ
☆自然ツーリズム学プロジェクト演習
☆自然ツーリズム概論Ⅱ
☆自然ツーリズムセミナーⅠ
☆自然ツーリズムセミナーⅡ
自然・文化ツーリズム学特別講義Ⅲ
自然・文化ツーリズム学特別講義Ⅳ(1)
自然・文化ツーリズム学野外実習Ⅰ(1)
自然・文化ツーリズム学野外実習Ⅲ(1)
地理学・地学に関する科目
【いずれかの科目を選択】
地域環境学Ⅰ
地域環境学Ⅱ
地域環境学演習Ⅰ
地域環境学演習Ⅱ
地域環境学野外実習 (1)
自然環境地理学
生態地理学
地域環境学Ⅰ
地域環境学Ⅱ
地域環境学特論Ⅰ
地域環境学特論Ⅱ
自然環境地理学
生態地理学
生物学・生態学に関する科目

【いずれかの科目を選択】
環境生態学Ⅰ
環境生態学Ⅱ
環境生態学演習Ⅰ
環境生態学演習Ⅱ
環境生態学野外実習 (1)
環境生態学特論Ⅰ
環境生態学特論Ⅱ
環境生態学Ⅰ
環境生態学Ⅱ



環境や地域の観光政策・計画に関する科目

【☆印の科目は必修
その他の科目は選択】
☆観光情報学
☆観光計画学Ⅰ
観光地理学
☆観光まちづくり特論Ⅰ
☆観光計画特論Ⅰ
自然・文化ツーリズム学野外実習Ⅱ(1)
自然・文化ツーリズム学野外実習Ⅳ(1)
観光地理学
環境に関する法規、経済学に関する科目

【いずれかの科目を選択】
自然環境と法制度
自然環境と経済
自然環境と法制度
自然環境と経済



地図の基礎的な理解と利用に関する科目

【◎印の科目はいずれかを必修選択、その他の科目は選択】
◎地図学
◎観光地図学
◎地図学
◎観光地図学
観光情報・コンテクスト特論Ⅰ
環境倫理に関する科目

【必修】
自然環境と倫理 自然環境と倫理
観光に関する科目

【選択科目】
観光資源論
観光論Ⅰ
コミュニケーションに関する科目

【必修】
コミュニケーション学 コミュニケーション学
インターンシップ

【必修】
ECO-TOPインターンシップⅠ
ECO-TOPインターンシップⅡ
ECO-TOPインターンシップⅠ
ECO-TOPインターンシップⅡ

※科目名に付した()内の数字は、単位数を示す。表示のない科目は、すべて2単位
※修了要件:合計34単位以上を修得
問合せ先:首都大学東京 都市環境学部 自然・文化ツーリズムコース/都市環境科学研究科 観光科学域
URL:http://www.ues.tmu.ac.jp/tourism/index.html


平成20年度認定

玉川大学「ECO-TOPプログラム」
分類 農学部生物環境システム学科
E
C
O
l
T
O
P

カリキュラムの導入科目

【必修】
地球環境と生態系
安全管理・救急救命に関する科目

【必修】
野外安全教育
カリキュラムの最終科目

【必修】
自然環境総合演習



生態学・分類学に関する科目

【☆印の科目は必修
 その他の科目は選択】
☆生態学概論  
環境生物科学
生物環境システム学概論  
動物行動生態学  
植物分類学  
植物生理生態・分類学  
土壌生態学
自然環境の保全と適正利用に関する科目

【いずれの科目も選択】
保全生物学  
環境科学
農学・農業に関する科目

【☆印の科目は必修  
その他の科目は選択】
☆生物環境利用学  
農業と動物  
持続的農業システム学  
動物環境管理学  
植物繁殖学
地理学・地球に関する科目

【いずれの科目も選択】
地球科学  
生物環境物理学
生態学・農学・農業に関する実習科目

【必修】
生物環境実習I(1)  
生物環境実習II(1)  
生物環境実習III(1)



環境と社会,法令,経済学に関する科目

【◇印の科目は必修選択
(1科目以上履修)
その他の科目は選択】
◇環境と法令
◇環境経済学
環境マネジメント論
国際協力論
環境フードシステム学
食品産業経済論
農業マーケティング論
地域環境とその利用に関する科目

【いずれの科目も選択】
地域環境論  
地域環境研究  
緑地環境学



環境・生命と倫理,文化に関する科目

【☆印の科目は必修
その他の科目は選択】
☆環境倫理学  
生命倫理学  
比較文化論  
エコロジーデザイン論
環境教育に関する科目

【必修】
環境教育
インターンシップⅠ、Ⅱ【必修:各2単位】

※科目名に付した( )内の数字は、単位数を示す。
 表示のない科目は、すべて2単位 【半期15週の講義で2単位】
※修了要件:合計34単位以上を取得
 必修科目 21単位:17単位(導入科目、最終科目、安全管理、実習・演習科目を含む)
            4単位(インターンシップ)
 必修選択科目 2単位以上
 選択科目 11単位以上(※社会科学科目4単位以上、人文科学科目2単位以上を含む)

問合せ先:玉川大学 農学部 生物環境システム学科
      玉川大学 教学部 授業運営課
学科のHP:http://nextroot.tamagawa.ac.jp/university/agriculture/environmental_sciences.html


千葉大学「ECO-TOPプログラム」
分類 園芸学部緑地環境学科
E
C
O
l
T
O
P

カリキュラムの導入科目
【必修】
緑地環境学セミナー
緑地環境学実習
環境保護・保全と適正利用に関する科目
【☆印の科目は必修
 その他の科目は選択】
☆緑地環境管理学
☆環境ガバナンス論
樹木医学
園芸療法論
環境健康学実習Ⅰ
安全管理・救急救命に関する科目
【必修】
安全管理・野外救命法(1)
カリキュラムの最終科目
【必修】
フィールドコラボレーション



【☆印の科目は必修
 その他の科目は選択】
☆緑地環境工学
☆緑地植物学
☆環境植栽学
☆植物形態分類学
☆植物形態分類学演習
緑地科学実験実習Ⅰ(1)
森林管理学
再生生態学
野生動物保護管理学



【☆印の科目は必修
 その他の科目は選択】
☆緑政学(1)
☆自然環境保全学
☆都市計画学
☆緑地福祉学
☆緑地環境学原論
農村環境経済学
都市緑地学
農村計画学
風景計画学



【☆印の科目は必修
 その他の科目は選択】
☆環境職業倫理学
☆インタープリテーション論
☆環境文化史学
こころのケアー精神医学
環境教育学概論
インターンシップⅠ,Ⅱ,Ⅲ,Ⅳ
【必修:各1単位】

※科目名に付した( )内の数字は、単位数を示す。
 表示のない科目は、すべて2単位
※修了要件: 合計42単位以上を取得

問合せ先: 千葉大学園芸学部緑地環境学科
学科のHP: http://www.h.chiba-u.jp/faculty03-department03.html


東京農工大学「ECO-TOPプログラム」
分類 農学部地域生態システム学科
E
C
O
l
T
O
P

自然環境の保護・保全と
適正利用に関する導入科目

【必修】
地域生態システム学Ⅰ(2)
地域生態システム学Ⅱ(1)
地域生態システム学Ⅲ(1)
地域生態システム学実習Ⅰ(1)
地域生態システム学実習Ⅱ(1)
自然環境の保護・保全と
適正利用に関するまとめ科目

【必修】
地域生態システム学特別演習Ⅱ(1)
地域生態システム学特別演習Ⅲ
野外での安全管理や救急
救命に関する基礎的な実習

【必修】
フィールド安全管理学(1)



工学系科目

【☆印の科目は必修
 その他の科目から生物学系科目(必修科目を除く)
 を含めて合計6単位以上を選択】
☆GISの基礎と演習
☆ 生態・環境情報工学
水文学
リモートセンシング論
土壌物理学
山地保全学
山地保全・砂防計画実習
生物学系科目

【☆印の科目は必修
 その他の科目から工学系科目(必修科目を除く)
 を含めて合計6単位以上を選択】
☆植生管理学
☆野生動物保全技術論
☆土壌生態管理学
植生学
生物多様性保全学
野生動物保全学
森林生態学
動物環境生理学
動物生態学
森林立地学
環境生理生態学
造園学
景観生態学
植生管理学実習(1)
野生動物保全学実習(1)
樹木学実習
森林保護・樹木医学実習(1)



社会科学系科目

【☆印の科目は必修
 その他の科目から3単位以上を選択】
☆地域環境社会学
☆環境経済学
☆環境公法
地域社会システム計画論
水資源管理論
農村地域計画学
森林政策学
森林計画学
健康アメニティ論
サステイナブルツーリズム論(1)
地域社会システム調査実習(1)



人文科学系科目
【いずれかの科目から6単位以上を選択】
環境哲学
インタープリテーション技術
農の共生学(1)
地域パートナーシップ論(1)
農村社会論
環境倫理学
環境教育学
共生社会思想
環境文化史
動物福祉論
比較心理学(1)
ヒトと動物の関係論
比較行動学(1)
ECO-TOPインターンシップⅠ、Ⅱ
【必修:各2単位】

※科目名に付した( )内の数字は、単位数を示す。
 表示のない科目は、すべて2単位 【半期15週の講義で2単位】
※修了要件: 合計45単位以上を取得

問合せ先:東京農工大学地域生態システム学科
学科のHP:http://www.tuat.ac.jp/~region/


法政大学「ECO-TOPプログラム」
分類 文学部地理学科
E
C
O
l
T
O
P

導入科目

【必修】
自然環境論
最終科目

【必修】
人文地理学特講(4)
(ECO-TOPマネジメント)
安全管理・救急救命に関する科目

【必修】
安全管理・野外救急救命学(1単位)



生物・生態学に関する科目

【☆印の科目は必修
 その他の科目は選択】
☆自然地理学特講(4)(生態学)
地理学・地学・農学に関する科目

【☆印の科目は必修
 その他の科目は選択】
☆生物・土壌地理学及び実験Ⅰ
☆生物・土壌地理学及び実験Ⅱ
自然環境のしくみとその変貌(4単位)
地球科学概論Ⅰ
地球科学概論Ⅱ
地形学及び実験Ⅰ
地形学及び実験Ⅱ
地質岩石学及び実験
人間と地球環境
地理学読図演習(1)
地理学読図演習(2)



環境法制度・環境経済学に関する科目

【☆印の科目は必修
 ★印の科目は選択必修
 その他の科目は選択】
☆自然環境政策論Ⅰ
☆環境経済論Ⅱ
★環境法Ⅰ
★環境経済論Ⅰ
環境法Ⅱ
自然ツーリズム学に関する科目 ★社会経済地理学(4)(エコツーリズム)
環境政策に関する科目 社会経済地理学(1)
社会経済地理学(2)
社会経済地理学(3)



環境倫理に関する科目

【☆印の科目は必修
 その他の科目は選択】
☆環境倫理学(1)
☆環境倫理学(2)
環境哲学基礎論
環境教育に関する科目 環境教育論
景観論に関する科目 文化地理学(1)
文化地理学(2)
地理学史(2)
日本地誌(1)
インターンシップⅠ、Ⅱ【必修:各2単位】

※科目名に付したⅠは前期科目、Ⅱは後期科目
 表示のない科目は、すべて2単位 【半期15週の講義で2単位】
※★で示した科目は3つのうち2科目を選択する選択必修科目
※修了要件: 合計34単位以上を取得

問合せ先: 法政大学地理学教室
学科のHP:http://www.hosei.ac.jp/bungaku/gakka/geography/ecotop.html


平成21年度認定


桜美林大学「ECO-TOPプログラム」
分類 リベラルアーツ学群
環境学専攻プログラム
E
C
O
l
T
O
P

カリキュラムの導入科目

【☆印の科目は必修】
【◇印、◆印の科目はそれぞれから選択必修
(それぞれ2単位以上取得)】
☆環境と文明(4)
◆社会理解(環境の科学)
◇自然理解(ヒトの生物学)
◇自然理解(生物の一様性と多様性)
◇生物学概論
◇自然理解(物質の世界)
◇化学概論
◇地学概論
◆自然理解(環境問題入門)
カリキュラムの最終科目

【必修】
環境科学総合演習
安全管理・救急救命に関する科目

【必修】
野外安全管理(1)
救急救命演習(1)



自然環境に関する自然科学分野の科目

【◎印の科目は選択必修 (4単位以上取得)】
【◇印の科目は選択必修 (2単位以上取得)】
【★印の科目は下記の「社会科学分野」の科目と
 あわせた4科目から選択必修 (4単位以上取得)】
【その他の科目は選択】
◎動物学Ⅰ、◎動物学Ⅱ
◎植物学Ⅰ、◎植物学Ⅱ
◎生態学Ⅰ、◎生態学Ⅱ
◎生物学実験Ⅰ
◎生物学実験Ⅱ
◇人と自然
◇環境生物学
◇自然環境調査法
◇生体物質化学
◇エネルギーと環境
◇地球規模環境論Ⅰ
◇地球規模環境論Ⅱ
◇海洋学
◇感覚公害論
★専攻演習Ⅰ
★専攻演習Ⅱ
無機化学Ⅰ、無機化学Ⅱ
基礎有機化学、有機合成化学
気象学Ⅰ、気象学Ⅱ
地質学Ⅰ、地質学Ⅱ
自然理解(人は天を見上げて考える)
環境化学



自然環境に関する社会科学分野の科目
【☆印の科目は選択必修(4単位以上取得)】
【◇印の科目は選択必修 (2単位以上取得)】
【★印の科目は上記の「自然科学分野」の科目と
 あわせた4科目から選択必修 (4単位以上取得)】
【その他の科目は選択】
☆環境法学(4)
☆環境経済論(4)
◇文系のための環境科学
◇環境マネジメント論
◇環境ビジネス論
◇企業と環境
◇企業とエネルギー
◇観光リゾート開発論
◇地域振興論
◇国際環境交渉論
★専攻演習Ⅰ
★専攻演習Ⅱ
都市環境政策Ⅰ、都市環境政策Ⅱ
環境と地域
環境とまちづくり
環境社会学(4)
持続可能な開発(4)
食品安全論
化学と人間社会
国際関係論(4)
国際協力論(4)
環境NPO・NGO
社会環境調査法
エコロジー・デザイン特殊講義
社会理解(環境問題と環境法)
エコビジネス



自然環境に関する人文科学分野の科目

【◇印、◆印の科目はそれぞれから選択必修
(それぞれ2単位以上取得)】
◇環境倫理学
◇人間環境学(4)
◇環境・生命・人権の哲学
◇江戸から学ぶ環境
◇地理学概論(4)
◆オーラルコミュニケーション(話す)
◆オーラルコミュニケーション(きく)
◆集団コミュニケーション
◆環境教育論
ECO-TOPインターンシップ事前研修(1)
ECO-TOPインターンシップⅠ
ECO-TOPインターンシップⅡ
ECO-TOPインターンシップ事後研修(1)

※科目名に付した( )内の数字は、単位数を示す。
 表示のない科目は、すべて2単位 【半期15週の講義で2単位】
※修了要件: 合計38単位以上を取得
 必修科目 18単位:12単位(導入科目、最終科目、安全管理、実習・演習科目を含む)
          6単位(インターンシップ)
 選択必修科目 開設102単位のうち20単位を選択必修
 選択科目 開設50単位から自由選択

問合せ先:桜美林大学 教育・研究支援センター 教育支援課 リベラルアーツ学群担当
学群のHP:http://www.obirin.ac.jp/la/index.html


平成25年度認定


武蔵野大学「ECO-TOPプログラム」
分類 工学部環境システム学科
E
C
O
l
T
O
P

カリキュラムの導入科目
【必修】
環境問題概論1
安全管理・救急救命に関する科目
【必修】
安全管理・救急救命学(1単位)
カリキュラムの最終科目
【必修】
環境学総合演習



【☆印の科目は必修
 その他の科目は選択】
☆生物学概論1
☆地学概論1
☆生態学
生物学実験
環境リスク論
環境モニタリング1
環境モニタリング2
環境学への展望(生活環境から地球環境へ)
生態系管理論



【☆印の科目は必修
 その他の科目は選択】
☆環境経済学1
☆環境政策論1
☆環境マネジメント論
環境問題概論2
環境リサイクル論
食環境学
環境アセスメント
エコプロダクツ
環境マネジメントシステム論
環境経済学2
ライフサイクルアセスメント
環境経営論
環境政策論2
持続可能社会論
実践エコツーリズム
地域再生プラン



【☆印の科目は必修
 その他の科目は選択】
☆環境問題通史
☆環境教育論
☆環境思想
環境倫理
自然環境教育演習
環境心理学
環境英語1
環境英語2
地理学概論(4単位)
環境インターンシップ(必修・4単位)
総合研究1(ECO-TOP)(選択)
総合研究2(ECO-TOP)(選択)

※科目数の表示のない科目は、すべて2単位
※必修科目、選択科目の所定の必要単位数を満たし、かつ全体として34単位以上を修得

問合せ先: 武蔵野大学工学部環境システム学科
学部のHP: http://www.musashino-u.ac.jp/faculty/engineering/#TOP